中盛麺300gの衝撃!「中洲 川端 きりん」

こんにちは、あとーすです。

今回ご紹介するのは、中洲川端商店街にあるラーメンとつけ麺のお店「中洲 川端 きりん」。この「きりん」というお店、作人町通りに1号店として醤油ラーメンのお店があり、中洲川端のこちらのお店はとんこつラーメンのお店のようですね。

まずは、券売機で食券を購入して中に入ります。

ちなみに僕は、普通のつけ麺しか食べたことがありません。ラーメンも美味しいんだろうと思うのですが、中洲周辺ではつけ麺を出してくれるお店が貴重なので、このお店ではついついつけ麺を食べてしまうんですよね。

つけ麺は追加料金なしで200gの普通盛か300gの中盛を選べます。僕はもちろん、お得な中盛を選びました。なお、追加料金150円で400gの麺大盛にすることもできますよ。

食券を店員さんに渡した後は、このもやしキムチを食べながらしばらく待ちます。

普通の白菜キムチだと味が濃いし酸っぱいしで白米がないと美味しく食べられないのですが、もやしキムチはそのままでもりもり食べられます。

そしてきました、つけ麺の中盛。めちゃめちゃいっぱいあります。

つけ汁の中には、ゴロゴロっとしたお肉も入っていますよ。

味は、正統な魚介風つけ麺といった感じ。極太の麺にはしっかりと風味がついていて、濃い味のつけ汁にぜんぜん負けてないですね。中盛300gはさすがにボリュームがあります。ぜんぶ食べきったら、めちゃくちゃお腹いっぱい。

完食!

しかし、ここにまだつけ汁が残っていますね……。

ここにこれを……。

こうだ!!

つけ汁まで美味しくいただくことができました。

もしお腹に余裕があるという方は、追加で白ごはんを頼んで中に入れても良いと思います。間違いなく美味しいです。いつも300gでお腹いっぱいになるので、試してみたことはありませんが……。

中洲川端商店街の近くまで来たら、ぜひ寄ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA